イニャキ ペーニャ。 イニャキ・ペーニャ(バルセロナ)プロフィール

イニャキ・ゴイティア・ペーニャ

イニャキ ペーニャ

ウムティティ 貴重な左利きのCBでポテンシャルもあるので 放出には迷いましたが、 資金獲得と足の負傷の心配により 放出に踏み切りました。 右CH:アレニャ ベティスにレンタル移籍して試合に出場しており、 来シーズンのアレニャには期待しています。 市場価値も高く、キャリアモードでの獲得は現実的ではありません。 そのため市場価値が2000万ユーロ越えでキャリアモードで買い取るには難易度高めとなっています。 ブライトバイテ ラウタロを獲得した場合のみ放出で、 恐らくチームに残留になるはずですが一応。

次の

戦力がダウンする20/21シーズン、バケンジが考えるバルセロナの選手構成は?

イニャキ ペーニャ

選手データについて 選手データはアップデート等により実際のデータとは若干異なる場合があります。 スアレス CFの後釜を獲得せずに スアレス放出は迷いましたが、 この夏に決断してもいいと考えました。 ベティスは残留争いの最中であり、得点を許して批判を受けることを恐れたためであった。 動けば動くほどマイナスになるくらいなら 動かずマイナスなことをしないというのも、 一つの行動になります。 CF:(ラウタロ) 希望だけですがラウタロは加入してほしいということで選出。

次の

イニャキ・ペーニャ 【ウイイレアプリ2020】能力と評価

イニャキ ペーニャ

国内リーグ戦に限る。 若手選手が多くなりチーム力は低下していますが、 チームと選手の成長という楽しみはあります。 他にもポテンシャル90越えが2選手もいて、 フォワードの有望株は多数存在します。 ベティスは残留争いの最中であり、得点を許して批判を受けることを恐れたためであった。 ユヴェントスへの移籍が取り沙汰されているブラジル代表MFアルトゥールもリスト入りしている。 そこで今回はアトレティコが補強を目指している3つのポジションを紹介する。

次の

移籍報道のアルトゥールもメンバー入り…バルサ、セルタ戦へ23名を招集

イニャキ ペーニャ

写真提供: Gettyimages 昨年夏の移籍市場でフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンやウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン、ブラジル代表DFフィリペ・ルイスなど多くの選手が流出し、複数選手の獲得に動いたアトレティコ。 2年間はのBチームでプレーした。 クラブから将来の正ポルテーロと期待される若者です。 現スタメンの主力はほぼ放出しておらず、 対戦相手が強くてもメンバーが揃っていれば勝てる可能性はあります。 ランクインした選手の詳細は下の表にまとめてあります。 ランキング上位にいる選手はすでにトップレベルで活躍する選手といってもいいでしょう。

次の

ネト離脱により、イニャキ・ペーニャに当たるスポットライト

イニャキ ペーニャ

また、2008-09シーズン中、契約を2009年6月30日まで残しているにもかかわらず、契約満了後の加入が決まっていた戦に出場することを拒否した。 コウチーニョ コウチーニョの実力面に疑いはありませんが、 バルサでの選手生活は終わったと思っています。 今回の約5週間ほどの第2ポルテーロ経験では、出場時間は得られない イニャキでしょうけれど、代わりになにか掴み取ってくれれば良いなと。 1位のジョアン・フェリックスはポテンシャル93と世界トップレベルの数値です。 ユヴェントスへの移籍が取り沙汰されているブラジル代表MFアルトゥールもリスト入りしている。

次の

バルサ、敵地でのビルバオ戦へ19名招集…デンベレがケガから復帰

イニャキ ペーニャ

( ) 経歴 のいくつかの小クラブでプレーした後、2003-04シーズンよりに加入。 ポテンシャルは88ありますが、レーティングもすでに81と高めです。 2020年5月1日現在。 エメルソンの方が現状では優れているように感じますが、 両者ともそこまでみていないので いい選手の方を選択すという形に。 また、MLでおすすめの選手、MLOでおすすめの選手に投票したり、コメントが残せます。

次の

イニャキ・ペーニャ(バルセロナ)プロフィール

イニャキ ペーニャ

イニャキ・ペーニャのレベマ能力値 イニャキ・ペーニャのレベルマックス時のすべての能力値・データをご紹介しています。 チャンピオンズのメンバーには入れるのは良い経験になりそうです。 国内リーグ戦に限る。 なお、アトレティコにはメキシコのサン・ルイスにレンタルしてる24歳のアルゼンチン人GKアクセル・ウェルネルもいるが長期的の戦力とは考えていないようだ。 選手の減給での契約更改、もしくは給与カットができれば 新戦力獲得も多くなるとは思います。 また、上位3名は市場価値が比較的お高めですので、個人的には アルトゥーベ、ガブリエル・ブラザオ、イニャキ・ペーニャあたりの獲得をおすすめします。 まとめ 今回はFIFA20 ラ・リーガのポジション別ポテンシャルランキングということで様々な若手選手を紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

次の

アトレティコが今夏補強に動くであろう3つのポジション

イニャキ ペーニャ

今回紹介した選手は将来的にチームの中心選手として活躍してくれますので、興味がある方は自分のキャリアモードで獲得して使ってみてください。 国内リーグ戦に限る。 常時スタメンで出場も難しいので、 両方にとってウィンウィンな放出になりそうです。 トディボとウムティティを比較した時に トディボを選択したと言えます。 ポジション、プレイスタイル、スキルは「AND」の場合は選択したものをすべて所持している選手、「OR」の場合はいずれかを所持している選手が対象になります。 2009年6月、4年契約でベティスに加入することが発表された。 特に弱小クラブは市場価値が上がる前に早めに有望な選手を獲得し、自チームで育てて価値を高めてから売却する。

次の