デンドロビウム キンギアナム。 ベランダ園芸:キンギアナムの育て方

デンドロビウム(キンギアナム系)の育て方・栽培・家庭菜園

デンドロビウム キンギアナム

植え替え 4月上旬~5月上旬。 概要 [ ] を中心に世界各地に広く分布している多年草。 そのため、できるだけ4月頃から戸外へ置いて日光にあたるようにしてあげましょう。 また、新芽の生長には親バルブ 花の着いている太い茎 の養分が必要ですので、葉が全部落ちても切らずにそのままにしておいてください。 木陰に咲くキンギアナムの花。 さまざまな種類がありますので、 色や形なども種類によって特徴が異なります。

次の

キンギアナム|育て方|花の写真|365花撰|栽培実践集

デンドロビウム キンギアナム

また海外の植物を日本で育てる場合には、日本の梅雨の高温多をどう乗り切るかということが重要な課題になります。 施肥は戸外に出してから、市販の緩効性固形肥料等を2ヶ月に1回程度 5、7、9月 与え、その他の月は与えないでください。 大きな株で大きな花を咲かせる品種よりは、日本にも自生するセッコクの系統の濃い、バルブが細めの品種の方が低温にも強いため育てやすいと思います。 夏の管理方法について教えてください。 新芽が2本あり、4月に出た1本が全然伸びていないといった場合、虫に食べられた跡がないでしょうか? 耐寒性に優れている植物ではありますが、強い寒波や朝方冷え込みそうな場合には、保温対策を施してあげることがおすすめです。 日本で広く普及しているデンドロビウム・キンギアナムは、本州南部以南では年間を通じて屋外で育てることができます。

次の

【デンドロビウム・キンギアナム系】オーストラリア原産のラン 魅力と育て方

デンドロビウム キンギアナム

咲き終わった花は、鉢内や株に着けたままだと病気の原因になりますので、こまめに取り除き、新芽に日が当たるようにしてください。 太くしっかりした新芽が出ていれば、この新芽を大切にしてください。 ふやし方 春に株分けをしてふやします。 梅雨の時期などは雨に晒され続けることで傷んでしまうことがありますので、 軒下やベランダなどに移動させるようにしてください。 チューリップやビオラなど、春の花々と合わせて。 花も小さ目で透き通るような美しい紫色をしていますので、紫系統が好きな人には魅力的な花にいなります。

次の

デンドロビウム(キンギアナム系)の育て方・栽培・家庭菜園

デンドロビウム キンギアナム

強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。 花色は白、ピンク、黄色。 フォーミデブル系は、デンドロビウム・フォルモーサムやその近縁種からの改良品種で、白く大きくてカトレアのような花を茎の先端部分に咲かせます。 やや暑さを嫌うものの、栽培は簡単。 余分な芽は、栄養分を分散させるのですべて取ってください。 降雪地帯以外なら、庭木や庭石に着生させて楽しむこともできます。 植えこみ材料は園芸店等で売っている洋ラン用の土で構いません。

次の

デンドロビウム(キンギアナム系)の育て方

デンドロビウム キンギアナム

カリスタ系は、全体が垂れ下がるようにして咲くものがあり、花は房のように咲きます。 また、耐暑性もあります。 水は春の新芽の伸び始めから秋までは比較的多くやりますが、その後は乾かし気味にして、花芽が伸び始めたらたっぷりやります。 また香りも良い花ですので、香りも楽しむことができます。 水やりも秋頃からバルブの生長にあわせて、徐々に少なくしてください。 置き場所は、花が終わったらなるべく日の当たる場所に置き、気温が高くなる春頃から、生育の止まる秋まで、戸外の日当たりが良く、風通 しの良い場所で管理してください。 上部の葉の間にある節から花茎を伸ばし、たくさんの小輪花を穂状に咲かせます。

次の

初めてのラン栽培におすすめ!デンドロビウムの育て方のポイント

デンドロビウム キンギアナム

花が小さく、一つひとつの花にはさほど華やかさはありませんが、伸ばした花茎に花がまとまって房咲きになるので、株が大きくなると、たくさんの花が集まり、なかなか豪華な眺めをつくってくれます。 speciosum )も園芸的に古くから知られた種で、本種より遙かに大きくなる。 岡田弘、『咲かせ方がよくわかる はじめての洋ランの育て方』、 2011 , ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 また、家庭での栽培においてポイントとなるのは、冬季の最低温度を何度に保てるかによります。 茎の上半分に開花する姿が美しいのが特徴です。 しかし夏の間の直射日光は葉焼けを起こしやすいので遮光してください。 多くの改良品種や交配品種があり、観賞用として出回っているものの多くは花が茎の節ごとに短い柄の先に少数ずつつくノビル系、茎の先端から長い穂状に花序を伸ばすファレノプシス系(・ファレノプシスの花序に似ている)で、この2つがもっともよく作られる。

次の