先ず 隗 より 始めよ 現代 語 訳。 【日本語に生きる中国故事成語】先ず隗より始めよ

先 従 隗 始の現代語訳を教えてください!

先ず 隗 より 始めよ 現代 語 訳

以為亜卿、任国政。 死馬の骨を五百金に買ひて返る。 君主は怒りました。 孟子が、孔子が聖人であるのに対して「亜聖」と呼ばれたりするのと同じようなことである。 涓人曰、『死馬且買之。 』 馬今に至らん。

次の

先従隗始・十八史略 現代語訳・書き下し文・読み方4

先ず 隗 より 始めよ 現代 語 訳

」 こうして、昭王は郭隗の為に立派な御殿を改築し、彼に師事した。 孤極知燕小不足以報。 このように、戦国時代に培った「優秀な人材集め」の知恵は、現代でも「隗より始めよ」や「死馬の骨を買う」などの故事成語としてしっかりと受け継がれていることがわかります。 身之に事ふるを得ん。 君怒る。

次の

先 従 隗 始の現代語訳を教えてください!

先ず 隗 より 始めよ 現代 語 訳

』 けんじんいはく、『しばすらかつこれをかふ、いはんやいけるものをや。 是に於いて士、争ひて燕に 趨 おもむく。 況 ンヤ生 ケル者 ヲ乎。 (いや、遠いとは思わずに自分からやって来るでしょう。 太子平はその家臣にされてしまったが、当然子之に不満を持つものも多くおり、内乱状態となった。

次の

【先ず隗より始めよ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

先ず 隗 より 始めよ 現代 語 訳

今王必欲致士、先従隗始。 lscholar. ・ 下の画像クリックではじめに戻る。 」 隗曰、 「古之君有以千金使涓人求千里馬者。 まことにけんしをえてともにくにをともにし、もってせんおうのはじをすすがんこと、このねがいなり。 原文では「先従隗始(先づ隗より始めよ」から始まり、「燕人立太子平為君(燕国に住む人々は、太子の平を擁立し君主とした」という文章へと続いていきますが、「隗より始めよ」は漢文の「先従隗始」を指すということも、ぜひ覚えておきましょう。

次の

先ず隗より始めよ

先ず 隗 より 始めよ 現代 語 訳

馬今に至らん。 まして、私より賢いものが、どうして千里を遠いとして、燕に来ないでしょうか、いや来るにちがいありません。 君怒る。 しばのほねをごひゃっきんにかひてかえる。 期年ならずして、千里の馬至る者三あり。 まとめ 先ず隗より始めよというように、どれほど大きな計画でも、手近なことから始めることで、成功に近づけるのではないでしょうか。 隗曰はく、「古の君に、千金を以て涓人をして千里の馬を求めしむる者有り。

次の

先従隗始・十八史略 現代語訳・書き下し文・読み方4

先ず 隗 より 始めよ 現代 語 訳

今、王必ず士を致さんと欲せば、先づ隗より始めよ。 」 於是昭王為隗改築宮、師事之。 「先ず隗より始めよ」の例文• 」 (すると、)その従者が言うことには、 『死んだ馬の骨でさえ、(大金を出して)買うのです。 「隗より始めよ」を英語と中国語で表現すると? 最後は「隗より始めよ」の英語と中国語表現です。 あの隗でさえあれほど重用されているという噂が広まれば、きっと、私よりも優れた者が千里の道を厭わずにやってくるに違いありません。

次の