分断 を 生む エジソン。 世界に「分断」が生まれる背景とは――『分断を生むエジソン』著者の北野唯我氏に聞く

世界に「分断」が生まれる背景とは――『分断を生むエジソン』著者の北野唯我氏に聞く

分断 を 生む エジソン

物語では敵は明確だけれど、現実世界では、相対的。 黒岩さんのセリフがなんかいい男風味で気になる…。 でも、『エジソン』は逆で、 長期的に見て意義があるものを描いたつもりです。 ペイン型サービス 他の選択肢がないものだけが、強い• ビジネスパーソンが「影響力の地図」を持つべき理由は、これを超えるためだ。 働いていて、ふと、なんでこんな人間らしくないことをしているのかとか、みんな人生で一度は思ったことがあるかと思います。

次の

分断を生むエジソン/北野唯我:書評

分断 を 生む エジソン

この解釈があっているかどうかはわからない。 明日から取れるアクション1つ• 集団・組織・企業のダイナミズムを理解するとは、その構成要素である人間を理解するということです。 このあたりを改善していくと、池井戸潤のような経済小説が生まれる可能性もあると思っている。 これらがそれぞれの調和を考えず、自国だけの増長に走ると、必ず分断が起こります。 海外マガジン• 1作目、2作目が売れたから、ある程度筆者の僕にも肩書が生まれて、深いテーマの本を出版することができたのだと思います。

次の

誰もが持っているいびつな分断を紐解く一冊。「分断を生むエジソン」著:北野 唯我

分断 を 生む エジソン

いかがでしたでしょうか。 富める者、貧しい者という経済格差の問題も大きいですけど、それのみには留まりません。 「才能を持つこと」と「それを使うこと」は別物である。 フェア• 西の国(技術と変化)• この「才能に伴う責任」は我々の身近なところに存在すると思います。 このとき、人は「何も考える必要がないまま」、その商品を選ぶ これを可能にするのはテクノロジーです。 南部:3000万人(保守的・中立) この4つの国とは、言うなれば、集団や組織における「役割」に他なりません。 会社の雇用が心配だから、働き方改革が流行るのだと思います。

次の

分断を生むエジソン/北野唯我:書評

分断 を 生む エジソン

分断を生むエジソンのキーメッセージ• ほとんどの人は変化など求めていない。 ただ、そうすると主観の世界で生きられないのでそれは幸福という意味ではジレンマなのかもしれません。 中身が何なのかは自分で確認して欲しい。 著書、『分断を生むエジソン』より引用 このように人(国)それぞれの役割があるのです。 彼らは孤独になるのが最も怖いからだ。 ゴールに到達するために知恵とリーダーシップを差し出す。 耳障りの良い話には瞬く間に飛びつきますが、話の真偽は確かめず、流れのままに進んでいきます。

次の

分断を生むエジソン / 北野 唯我【著】

分断 を 生む エジソン

電子洋書• 「BOOK」データベースより この本の概要 「天才を殺す凡人」の続編です。 これも才能の一つですね。 作中で「西の国の人」と定義している、いわゆるビジネスリーダー気質の人は変化を急ぐ傾向があります。 ちなみに、本作の「西」と「東」の概念は、 あるFintech企業の対照性から思いつきました。 分断を生むエジソン(西の国)• ともにクラウド会計ソフトを運営する、ライバル同士とも呼べる企業です。 経済ルールにない、幸せ・感情的な側面を最大化すること 覚えておかねばならないのは、この4つの国には力学が働いているという点です。 。

次の

【書評】分断を生むエジソン

分断 を 生む エジソン

中部・北陸• 本のタイトルにある「分断を生むエジソン」はこの部分にかかってきており、理解することによって影響力の地図を持つことの重要性や持ち方を理解することにつながるのです。 しかし、常人に理解されず苦しむ。 それは最も簡単な才能の使い方だと私は思います。 西の国:30万人、先進的:反体制、シリコンバレー 中部 :60万人、全体最適・体制側、ワシントンD. そこまでわかりやすくもないし、明日からすぐに使えるようなものではない。 」 なんか、ワタシ的に、この説明はまだ咀嚼不足。 その内容に関しても、職場の認識や世界観は自分の身の回りにいる少人数が歪ませているという部分がビジネス以外にも当てはまっているのではないかと思いました。 それ以外の選択肢を考える必要がないものだけが、強い• ばいきんまんのように、わかりやすく敵が敵だと名乗ることはあんまりないわけで、しらない間に誰かにのせられて「敵」と呼ばれた対象を攻撃しちゃうよ、と。

次の