Ipad サブ モニター 化。 「Duet Display」使い方まとめ(Win・MacもOK)!iPadを外部ディスプレイ化し、快適なサブPCモニターを手に入れよう。

「spacedesk」でマルチディスプレイが無料で高性能、超簡単。タブレット、スマホ、ノートPCが外部画面に。

ipad サブ モニター 化

これはiPad 3でもiPad Proでも変わりません。 私は、Podcastを聴きながらMacを使っていることがよくあり、iTunesをiPad側に表示したままにしています。 1000円の追加投資でモニターが増えるので喜ばしいことですが、平たくいうと、Wi-Fi経由でMacの画面をiPadに転送しているアプリなので、通常のモニターのような働きを期待すると肩透かしをくらうことになります。 設定方法 主な設定は、二つあります。 設定がほんの少しあるみたい 無線の設定はWindows側に少しあるだけです。 初代iPadをサブモニター化するメリット この方法のメリットは何と言ってもパソコンじゃないと動かないような強力なツールをiPadなどのタブレット端末上で動かせる点にあります。

次の

初代iPadをサブモニター化する方法!強力なPCソフトが使用可能に

ipad サブ モニター 化

まだアクセサリ類がそれほど充実していないものの、ApplePencilとの相性は以前より良くなった印象です。 122• そんな中、一縷の希望が見えたアプリがありました。 複数のデバイスを接続することができますが、そのときの画面は、すべてミラーリングとなります。 イラストや実際のインストール画面での説明が分かりやすくて、助かりました! ただ違った点が1つだけあって、専用ソフトをパソコンにダウンロード後、 「Macを再起動」という画面にはなりませんでした。 App Store から Duet Display というアプリをインストールします 有料 なので注意してください iPad の準備は以上で完了です。 なお、本ソフトウェアがサポートするのはWiFi接続のみで、USBはサポートしていません。

次の

iPad Pro を Windows 10 の外部ディスプレイにする方法

ipad サブ モニター 化

また、有料版の価格が他製品より若干高いので、「7分に一度タップ」を厭わないのであれば無料版で使い続けるのも吉かもしれません。 本ソフトもあまり高価ではありません 480円 し、簡単に複数台接続できるので、上の写真のように電気屋さんごっこするなら面白い選択肢です。 PC+タブレットを持っていればいつでもどこでもデュアルディスプレイで作業ができるという環境は思っていた以上に快適。 また、 「LetsView」は「spacedesk」と同様に、スマホにWindows 10をミラーリングできますが、快適さで言えば「LetsView」が優位なような感覚です。 この Connection xxxを選択することにより、Andoridスマホ・iPhoneなどをWindows PCのサブディスプレイ化できます。 ) そしてこちらのDuet Displayというアプリは元Appleのエンジニアが作成したものらしく、iOS、Android、Windows、macOSでの利用が可能です。

次の

Android,iPhoneをWin 10 PCのサブディスプレイ化できる「spacedesk」を試してみた。課題はあるも楽しさ満載の無料アプリ

ipad サブ モニター 化

これらよりもっと上位のスペックのものを使用するとまた変わるかもしれません。 「Duet Display」の使い方。 まだまだ使えます。 GoodDual Displayとどっこいどっこいです。 他の製品では解像度を選択しても実際にはほとんど切り替わらなかったのが、Yam Displayでは実際に解像度を変えることができます。

次の

「Duet Display」使い方まとめ(Win・MacもOK)!iPadを外部ディスプレイ化し、快適なサブPCモニターを手に入れよう。

ipad サブ モニター 化

インストールが終わるまでしばらく待ちます。 どれを選ぶべきか いずれも、表示デバイスとして使うための一定のレベルはクリアしています。 マルチディスプレイの下準備 まずはメインのPCには専用のソフトをダウンロード&インストールします。 遅延ゼロということではなくて、タイムラグが少しあるイメージです。 値段が書いてあるところをクリックしてAppleIDのパスワードを入力するとダウンロードが始まりインストールされます。 次にWebサイトを閲覧する専用で使用した場合では、やはりi Padの画面が小さいことアプリ側の解像度もあり潰れて見えないこともあります。 明らかにマウスを動かして数テンポ遅れてポインターがやってきます。

次の

Windows 10でiPadをサブディスプレイにする方法

ipad サブ モニター 化

検討の際の材料としてお使いください。 まずこの状態にしておきます。 アプリ「Duet Display」 記事執筆現在の価格は 1,200円 少しお値段のはるアプリ。 あくまでもサブディスプレイとして使うのが良さげですね、でもiPadAirとかProだとサクサク普通に使えるのかな? 僅かだけどカクカクはする ほんの僅かなんですがカクつきますね、全然気にならないレベルですが。 あとがき 利用の流れは、以下になると思います。 追加課金という形で2300円ほど支払うと、無線でつなぐこともできますが、これは標準にしてほしいですね、、 設定でフレームレートを30、60fpsや解像度も選択出来るのですが、動作速度がぐんと重くなるので基本的に低い設定にしています。 また、MacOS Mohaveになってアップデートが必要なようです。

次の

初代iPadをサブモニター化する方法!強力なPCソフトが使用可能に

ipad サブ モニター 化

メインの作業は本体側のディスプレイで行い、iPad はあくまで参照用のサブ画面という使い方であれば困ることはまずないでしょう。 調査したアプリと特徴のまとめ 以下をレビューしました。 クライアント側のタッチパネルでの操作は、一部にカクカクする動きがあるものの、比較的スムーズ。 「iPadをサブモニターにすればいいんじゃないの?」って。 なお、無料版のYam Display FreeはUSB接続のみのサポートですが、ホストプログラムはUSB接続とWiFi接続の両方ををサポートしています。 MacBook Pro Retina 13inch 2015 MacOS Mohave• だから、あなたはパスワードを削除するか、「自動ログイン」を設定する必要があります。 だからこの方法を使えば、PhotoShopなどの画像処理ソフトやFinalCutProみたいな複雑な処理をする動画編集ソフトが古い初代iPad上で問題なく動作します。

次の