ラース ドラゴン フル オート。 【プリコネR】ラースドラゴン3凸フルオート攻略編成|ダンジョンex3【プリンセスコネクト】

【プリコネR】ラースドラゴン3凸フルオート攻略編成|ダンジョンex3【プリンセスコネクト】

ラース ドラゴン フル オート

範囲攻撃持ちが育っているほど、残り10%までの削りがやりやすい。 タイトルには「無課金勢の」なんて入れましたけど、課金するしないに関わらず、ラースドラゴンを討伐するまでは1年くらいの長い期間が必要そうです。 たまに後半ラースのUB食らってヒヤヒヤすることがありますが・・・。 ホットな記事• コッコロちゃんがタンク役で、フルオートでも事故はありません。 少しでもアタッカーのユニオンバーストゲージを貯めるため、極力タンクキャラを道中メンバーに入れられないので、道中でやられないように注意が必要です。

次の

【プリコネR】ダンジョンEX3(エクストリーム3)のラースドラゴン攻略編成

ラース ドラゴン フル オート

また、最初のブレイクが遅くなりがちなので、単体キャラを編成して先頭のターゲットを素早くブレイクさせるのが理想。 Girls Band Party! そのため、範囲攻撃に特化したキャラを中心に編成することで、討伐難易度を下げることができる。 カスミやハロウィンキョウカなどの、UBで効果値の高い魔防デバフ付与が可能なキャラと組ませよう。 ドロップした階層が不定期だったため、おそらくランダムで入手できる。 ホント、HP300万以下のラースドラゴン相手だとアタッカーが全然耐えないので、10万のダメージを出すのもやっとなんですよね。 最後何度かやり直したり時間ギリギリだったのでちょっと危なかったです。

次の

【プリコネR】ラースドラゴン撃破!ほぼ無課金勢の攻略パーティ一覧。

ラース ドラゴン フル オート

ブレイクしていないときの防御力が非常に高いので、 メインのデバフ役は残り10%に際に使おう。 さらに、ステータスアップ効果を打ち消す。 とにかく強いキャラをたくさん手持ちにしていて、戦力も140万以上は必要かと思われます。 攻略情報一覧• さらに、ステータスアップ効果を打ち消す。 1200万でることもあるので、このままでもいいかもしれないけど、逆にコッコロのところプリコロにするとどうなるか気になる。 パーティ毎の総合ダメージが平均的になるように組んでいこう。

次の

【プリコネ】プリンセスコッコロを使ってラースドラゴン3凸(フルオート)で倒しちゃいます!

ラース ドラゴン フル オート

(クリティカルで48万出るが確率はかなり低め) これ以外のキャラでは雀の涙程度のダメージしか出せないので、このパーティが討伐の要になっていました。 プリンセスコッコロちゃんで3凸めちゃくちゃしやすくなりました! 最適とか一番早い、というものではありませんが道中も含めて結構楽ちんかと思います。 ・バトルがタイムアップすると、敵全体を戦闘不能にする。 ちなみにウチのクランでは総戦力200万の方も討伐していないほど。 プリコネRのインフレがどこまでいくのかも楽しみですね。 単体アタッカーと範囲アタッカーを入り混ぜて、ブレイクを維持して常に防御の低い状態でダメージを与えよう。

次の

【プリコネR】ラースドラゴン撃破!ほぼ無課金勢の攻略パーティ一覧。

ラース ドラゴン フル オート

ダメージは1100万ちょっとでした。 後は他のパーティでチマチマダメージを稼いでなんとか討伐。 ボスが倒せない方は素直にリタイアしよう EX3のボス「ラースドラゴン」の体力は3500万と非常に高く、多くのキャラを育てていなければ討伐は難しい。 イリヤは最前列で常にタップ連打します。 priconne-redive. 逆に水着ペコはゲージがない状態から120万のダメージを叩き出しました。 もちろんプリコロさんも道中にTP稼いでおきました。 単体攻撃持ちも編成して、 先に先頭のターゲットを素早くブレイクさせるのが重要。

次の

【プリコネR】なるべく楽にラースドラゴン3凸フルオートできる編成を紹介【プリコロ】【ダンジョンEX3】

ラース ドラゴン フル オート

また、単純に狂暴化して攻撃が過激になるので、この状態から純粋に300万削るのは至難です。 Point! UBを封じることができれば、パーティ内のアタッカー枠を増やせます。 10回近くやり直しましたが、結局最初にクリティカルが出た回が一番良かったっていう。 全ターゲットをブレイクできなければ強力なUBを打たれ、パーティが壊滅状態となってしまうため注意。 範囲攻撃が届きやすい 過去のマルチタゲボスと比較すると、ラースドラゴンは3ターゲット目まで攻撃が届きやすい部類のボス。 twitch. ニューイヤーキャル(ニャル)なしでの撃破になります。

次の